スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
Lame で最高音質の mp3 を作るコマンドラインオプション
すみませんが、この情報は、当てにしないでください。

Lame に詳しくない私が引用したものですが、下記のような問題があるそうです。


・ 情報が古い
・ -b 256 -F の問題(256を強制してしまうと、無駄にファイルサイズを大きくしてしまうだけ)
・ Lame で多くのオプションを付けすぎるのは好ましくない

詳細不明ですが、このサイトの下部にねた(?)であることが書かれていたそうです。そこまで読んでいませんでしたm(_ _)m

本気にしてしまった方、申し訳ありません。


Lame で最高音質にこだわりたい場合はこれでいこう。

http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/bestlame/index.html

“最高音質”のMP3ファイルを作りたければ LAME 3.96.1 の lame.exe で次のコマンドラインオプションを使うことをおすすめする。

--vbr-new -V0 -b256 -F -f -m s --notemp --nores --interch 1 -p -k

あまり知られていないことだが“最高音質”のMP3ファイルを作るためには --vbr-new -V0 を基礎にコマンドラインオプションを構築しなければいけない。以下は音質のチューニングのためのオプションの解説である。

-b256 -F は強制的に 256kbps 以上でエンコードするためのオプションである。 -F を忘れてはいけない。 -F を付け忘れると LAME は 32kbps の最低ビットレートを勝手に利用してしまい、音質を劣化させてしまう。 -F オプションは強制的に -b オプションで指定した数字以上のビットレートだけを使うオプションである。

LAME に詳しい人は -f オプションが使われていることに驚くかもしれない。それは誤りではない。実際 LAME 3.96.1 の CBR では“最高音質”の -q0 オプションを付けた場合と高速エンコードのための -f オプションを付けた場合の音質は等しい。



2010-06-24 Thu | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:2
mp3DirectCut
mp3DirectCut

メモメモ。


Windows用の 非劣化でmp3ファイルの編集が行えるフリーソフト。

カットや選択部分へのフェードイン・フェードアウトなどの処理ができる。

日本語表示はオプションから選択できる。


範囲選択して、メニューの「Edit」→「Gain」 でフェードイン・フェードアウトが設定できる。

(Simple Fade なんたらは、何だかわからないがうまくいかない。)


記憶がおぼろげだが、フェードイン・フェードアウトの処理を行った後にカット編集を行うとフェード効果が無効になってしまう。

のだがそういう場合は、フェード処理したファイルを保存→そのファイルを開いてカット編集、のようにすれば問題ない。

(たぶん非劣化なので何度保存しても大丈夫かと。)

2010-05-07 Fri | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
iTunes の音楽フォルダを変更した場合
iTunes で、音楽フォルダを移動、または音楽フォルダ名を変更した場合、手動で変更していくのは面倒。

でも、このようにすると一括で変更を適用できる。

http://support.apple.com/kb/HT1451?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

ただし、Wordpad や メモ帳では無理っぽい(iTunes が使用している文字コードに非対応なため)。
Word ならそのコードを壊さずに保存できる。

で、うまくいきました^-^

2010-04-14 Wed | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
パーティションのマウント (書きかけ)
Ecolinux-light を入れたので、せっかくまっさらな OS なのだから gnome-mount とか 使わずにパーティションをマウントしようと思いました。

-- 続きを読む --
2009-11-07 Sat | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
Movie Maker のタイトルとクレジットはカスタマイズできる!で、自作クレジットを公開!
できるんですね、カスタマイズが。

面倒ですが、デフォルトのタイトル&クレジットに満足できない人は、やってみる価値あるかも。

Custom Title & Credits - Creating Custom Titles and Credits for Windows Movie Maker
http://rehanfx.org/customtc.htm

MovieMaker.exe ファイルの内部に、XML 形式でタイトルとクレジットの情報が保存されているそうな。

それを元に解析し、パラメーター表を作ってくれた。
どのパラメーターが何を表すのか教えてくれる。

特に、2/3 ほど進んだところ、 Edited XML Files の Titles1.xml, Titles2.xml, Credits.xml は、タイトルやクレジット自作の可能性を示唆。

上記ファイルをダウンロードし、

  C:\Program Files\Movie Maker\Shared\AddOnTFX

に保存すれば、次回 MovieMaker の起動以降、「タイトル アニメーションの変更」で表示される一覧に、英語表記のタイトルやクレジットが追加されている。

追加されたものは、最初からあった日本語表記のものと内容は同じだが、これらを編集すればカスタムタイトルやカスタムクレジットが自作できるのだ。

最下部にある、Custom Titles & Credits Contributed by Users: では、他のユーザーが作ったカスタムタイトル&クレジットがダウンロードできる。

Windows Movie Makers - WM 用のコミュニティ(英語)
http://www.windowsmoviemakers.net/


タイトルを画面最下部に表示する xml を作る方法 (英語のフォーラム)
http://www.windowsmoviemakers.net/Forums/ShowPost.aspx?PostID=22968
------------------------------------------------------------------------------------------
Re: Hey question about subtitles
Posted: 02 Aug 2005 07:32 PM
You can create a couple custom subtitles if you like.

First make sure you have a C:\Program Files\Movie Maker\Shared\AddOnTFX folder. If you don't create one.

Next copy the following code into Notepad (All Programs > Accessories > Notepad).

<TransitionsAndEffects Version="1.0">
<Titles>
<TitleDLL guid="{353359C1-39E1-491b-9951-464FD8AB071C}">
<Title name="Subtitle Left (fade in/out)" iconid="13" >
<Param name="InternalName" value="TitleStandard"/>
<Param name="Description" value="Subtitle Left (fade in/out)"/>
<Param name="EntranceEffect" value="EffectFade"/>
<Param name="EntranceDuration" value="1.0"/>
<Param name="ExitEffect" value="EffectFade"/>
<Param name="ExitDuration" value="1.0"/>
<Paragraph>
<Param name="IsOneLine" value="true"/>
<Param name="HorizontalAlignment" value="left"/>
<Param name="BoundingRect" value="0.05 0.85 0.9 0.1"/>
</Paragraph>
</Title>
<Title name="Subtitle Right (fade in/out)" iconid="13" >
<Param name="InternalName" value="TitleStandard"/>
<Param name="Description" value="Subtitle Right (fade in/out)"/>
<Param name="EntranceEffect" value="EffectFade"/>
<Param name="EntranceDuration" value="1.0"/>
<Param name="ExitEffect" value="EffectFade"/>
<Param name="ExitDuration" value="1.0"/>
<Paragraph>
<Param name="IsOneLine" value="true"/>
<Param name="HorizontalAlignment" value="right"/>
<Param name="BoundingRect" value="0.05 0.85 0.9 0.1"/>
</Paragraph>
</Title>
</TitleDLL>
</Titles>
</TransitionsAndEffects>



Save this in C:\Program Files\Movie Maker\Shared\AddOnTFX as SubFade.xml. Note: the .xml extension is important. Make sure that it saves as .xml, not .xml.txt

Restart Windows Movie Maker and you should have two new One-line Titles you can choose called:
Subtitle Right (fade in/out)
Subtitle Left (fade in/out)

Let me know how it goes and if you need further help using the subtitles.

-=Blaine=-
------------------------------------------------------------------------------------------

実際に xml を作ってみたがなぜかタイトル・クレジットの一覧に表示されない。

titles1.xml と見比べてみると、そちらには各タイトルごとに のセクションが2つもある。
前出のサイトによれば、タイトルは1つまたは複数の paragraph を持つそうだ。
1つめはメイン、2つめはサブのタイトルの表示位置等を設定しているのだろう。
この例では1行のみなので、2つめは不要なはず。
なのだが、ダミーでも空でも良いから2つめの を付け足してやるとちゃんと一覧に表示された。

それと、どうやら <!-- comment --> というようなコメントは含めることができないようだ。コメントを入れたものは一覧に表示されないです。

font も指定できる。例えば MSPゴシック は、 MS PGothic または MS-PGothic と指定する。 Times New Roman は Times New Roman でいい。

Title name= に日本語は指定できない。指定すると XML ファイルごと一覧に表示されなくなる。




で、試行錯誤しながら、クレジットをいじりたおす。
フォント/フォントサイズ/配置/イタリック etc を美しく手を加え、文字数制限を大幅に拡大して、できた XML ファイルがこれ。

custom_titles_and_credits.xml

画面下に置くタイトルが3つ、全画面で大量の文章を載せるやつ1つ(タイトル付き)、クレジットが1つ含まれています。

こいつを

  C:\Program Files\Movie Maker\Shared\AddOnTFX

に放り込んで MovieMaker を起動すれば、オリジナルなカスタムタイトルとクレジットが一覧に表示されます。(英語名のやつね)

こいつはイイ!

XML 側でフォントやサイズ等を固定しているので、もしかするとユーザーインターフェースからの変更は効かないかもしれないが、これから作る全ムービー共通にしておきたいので、むしろ都合がいい。

自己責任で、どうぞご自由にダウンロード&改変して使ってくださいな。


あと、 Windows Maker 用のカスタムタイトルやクレジットは、 「MovieMaker Title Effects」なんかで検索するといいのかもな。



お、ここも詳しそうだな。

酔拳の王 だんげの方 - Windows ムービーメーカー まとめ。
http://d.hatena.ne.jp/dangerous1192/20070722/p1




2009-09-12 Sat | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
Gavotte Ramdisk いいかも。
Gavotte Ramdisk は、ページングファイル等も Ramdisk 上に置けるようです。

Gavotte Ramdisk まとめ WIKI
http://www10.atwiki.jp/gavotterd/

こりゃ ERAM よりいいかもしんない。

2009-05-03 Sun | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
ERAM でメモリの空き領域を RamDisk にして高速化・・・しっぱい
EeePC 900シリーズ Wiki - ERAMの設定方法
http://wiki.livedoor.jp/asus_eeepc/d/ERAM%A4%CE%C0%DF%C4%EA%CA%FD%CB%A1

EeePC 用のページですが、 ERAM のインストールや設定方法などは参考になります。


作者サイト&ダウンロード先はここ。

えらー15の小屋
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/

ERAM for Windows よくある質問 ( ERAM for WindowsNT/2000/XP )
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/tech/eramfaq.htm



まず先に、上記のページの一番下の計算式に基づいて、設定値を計算しておこうか。

575MB のメモリを実装、 128MB の RamDisk を確保したい。
575 - 8 - 128 = 439 MB
ERAM の領域指定値: 439 * 1024 = 449536 KB
MAXMEM の指定値: 439

OK 。


わかりにくい部分、間違えやすい部分を抜き出して赤字で追記しておきます。


1.ドライバのインストール
①以下の手順でドライバを選択
「コントロールパネル>ハードウェアの追加>次へ>はい、ハードウェアを接続しています>新しいハードウェアデバイスの追加>一覧から選択したハードウェアをインストールする>すべてのデバイスを表示>ディスクの使用」
②展開したERAMフォルダの 2000/ フォルダを指定 ← XP でも 2000 フォルダを指定しないとエラーになります。
③再起動




4.[BOOT.INI]を変更する
 [ERAM] 設定の「メモリ確保元」で [OS管理外領域] を選択したので、OSに認識させるメモリ容量を減らし、OS管理外のメモリを割り当てる。

①「マイコンピュータのプロパティ>詳細設定タブ>起動と回復:[設定}>起動システム:[編集]」で、BOOT.INIを編集開始
② [multi(0)] から始まる行をコピー。
③追加した行に [ /MAXMEM オプション] を付加。具体的には [/MAXMEM=896]。以下はサンプル。
────────────────────────────
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition (RAMDisk)" /noexecute=optin /MAXMEM=896 /fastdetect /noguiboot
────────────────────────────
結果、 multi(0) から始まる行が2つになる。1つは元の行、2つめは /MAXMEM オプションを追加した行。
そして boot.ini を上書き保存して閉じる。
④RAMディスク起動用の設定を「既定のオペレーティングシステム」に選択しておく。
↑これわかりにくいので、手順を示します。
ダイアログで一度 OK ボタンを押す。(警告ダイアログが1つ2つ出るが、とりあえず OK しておく。)
もう一度 [編集] ボタンをクリックすると、先ほど追加した設定が「既定のオペレーティングシステム」に追加されているので、選択し、 OK しておく。
そして再起動。



これで、エクスプローラに Z ドライブ(自分で指定したドライブレターに読み替えてください)が表示され、 ERAM-DRIVE (Z:) となっていれば OK 。サイズも指定した大きさになっているはず。



■ 結果

OS の起動時間は、 ERAM 使用前 1分35秒 → 使用後 1分40秒 と、若干遅くなってしまいました。

また、 8MB 程度の wmv ファイルを圧縮し、解凍してみました( Explzh 使用)。
解凍時間が速くなった気がしないでもないですが・・・。あまり変化は見られません。
※ Explzh のオプションで、作業フォルダを Z:\TEMP に設定してやりました。



■ 考察
もともと、1台目の HDD に OS 、 2台目の HDD に TEMP フォルダを設定していたので、2台の HDD が同時に動けるため、はなから充分速かったのではないかと思われます。


そもそも、 ERAM ではページングファイルを RamDisk 上に作れないなんて、魅力が半減です。。。
TEMP フォルダしか作れないなんて・・・。

2009-05-01 Fri | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
UltimateDefrag9 でデフラグしてみた
UltimateDefrag9 FreeEdition をダウンロードし、 C ドライブをデフラグ。

起動時間(デスクトップ表示まで)は残念ながらまったく変化なし。

ただ、 Firefox3 や Explorer などの頻繁に使うソフトの起動時間は、若干速く=短くなっている気がする。(体感速度)

なのでよし、としよう。

2009-05-01 Fri | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:0
前のページ 次のページ
Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。