スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
SP+メーカー と nLite の合わせ技で、統合と軽量化
最近 Linux 触ってないなぁ。。。
使い勝手やフリーソフトの質で、どうしても XP に軍配があがってしまう。


さてと、ノートパソコンに搭載された WindowsXP(たぶんSP2) に SP3 と Hotfix を統合し、かつ余計な機能を削って軽量化したい。

そんなときには、 SP+メーカー と nLite のコンボが効く。


SP+メーカー
メリット・・・Hotfix や SP の自動ダウンロードを行ってくれる。Hotfix はちゃんと配布日順に並べて順番に適用してくれる。
デメリット・・・軽量化の機能はついていない。

nLite
メリット・・・SP や Hotfix 、ドライバ等の統合ができる。余計な機能を削って軽量化できる。無人インストールISOを作成できる。
デメリット・・・Hotfix を配布日順に並べ替えてくれない。その日付が空欄だったり、書式が違ったりしているので、手動での並び替えは手間と時間がかかりすぎ、無理といっていい。

それぞれ単体だともう一つ!なんだけど、あわせるとすごい。ラクちん。


★まずは SP+メーカー で Service Pack と Hotfix を統合した ISO を作成

オプションの『自動ダウンロードを許可する』にチェック
Service Pack 3 を選択
『高度な設定』で、Hotfix の一覧のすべてにチェック。『ISOのイメージサイズを小さくする』内のすべてをチェック。OK。

CDドライブにリカバリCDやインストールCDを入れ、該当するドライブ名を選択。
万が一それが nLite 等で削ったCDなら、念のために『代替フォルダ』にチェックして i386 の上位フォルダ『C:\Windows』などを指定しておく。それがコピーできませんのエラーになる場合は、別の場所にあらかじめコピーしておき、それを指定する。

アップデートフォルダ、作業フォルダを指定。

ISO のファイル名を指定。

『作成』ボタンをクリック。

かってにダウンロードして、統合してくれる。

できたISO をもとに nLite で削っていく。この時点では 995MBと巨大だ。

※ (nLite で SP3 を統合しようとしたら『ファイルが壊れています』といわれたので気づいたのだが、)SP3 のファイルがちゃんとダウンロードできていなかったようで、途中エラーになって停止してしまった。手動でダウンロードしたらうまくいった。


★nLite で軽量化&ドライバ統合&無人インストール化
どれを削ってどれを残すかは、ここを参考に。

FREE WINGのホームページ
http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/nlite_xp_sp3/


疲れたので今日はここまで。

スポンサーサイト


2009-08-14 Fri | OS | トラックバック:0 | コメント:0
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月 « 2016/12 » 01月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。