スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
[Grub] Grub の設定ちょいメモ
※ この記事は書きかけです。間違ってるかもしれません。

Grub の設定がよくわからんかったので自分メモ書きます。

Grub の設定 (menu.lst)


Grub のインストール方法にもよるのかもしれませんが、設定ファイルは /boot/grub/menu.lst です。

menu.lst はルート権限で編集します:

$ sudo mousepad /boot/grub/menu.lst



心配なら編集する前にバックアップをとっておきましょう:

$ cd /boot/grub
$ sudo cp menu.lst menu.lst.old



timeout オプション


menu.lst の先頭付近に書かれています。
キーボード操作がなかった場合の自動起動までの時間を秒で指定します。

8 秒で自動的にデフォルトのエントリを起動:

timeout 8



root オプション


root オプションでは起動パーティションを指定します。

root (hd0,0)  <-- 1番目のHDD(hd0)の 1番目のパーティションから起動
root (hd0,1)  <-- 1番目のHDD(hd0)の 2番目のパーティションから起動
root (hd0,2)  <-- 1番目のHDD(hd0)の 3番目のパーティションから起動

root (hd1,0)  <-- 2番目のHDD(hd1)の 1番目のパーティションから起動
root (hd1,1)  <-- 2番目のHDD(hd1)の 2番目のパーティションから起動



root オプションは、 kernel オプションより前に記述しないと起動しないっぽいです。

参考までに、 HDD インストされた Austrumi を起動するための GRUB 設定:

title    Austrumi
root    (hd1,1)
kernel   /boot/vmlinuz ro root=/dev/hdb2



/dev/hda1 も /dev/sda1 も (hd0, n) と表すようです。
※ 頭文字の h と s は、 IDE 接続か SCSI 接続かの違いなのでしょうか?

kernel オプション


カーネルを指定します。
また、同時に起動オプションやルートディレクトリも指定します。

基本はこんな感じでいいんじゃないでしょうか:

kernel   /boot/vmlinuz-2.2.13-33 root=/dev/hda2



initrd オプション


initrd (Initial RAM Disk = 初期 RAM ディスク) オプションでは、Linux ブート時に最初にメモリに読み込む小さな初期ルートファイルシステムのイメージを指定します。

カーネルに読み込まれた initrd は、その後に実際のルートファイルシステム (HDD の Linux パーティションね) をマウントする橋渡しとなります。

多段ロケットの、最初に切り離されるブースターみたいなもんでしょか。

通常 /boot/initrd-xxx.img という名前のファイルが初期 RAM ディスクだそうです。

HDD インストールされた Linux の場合は、実際のルートファイルシステムがマウントされたら initrd はアンマウントされメモリも解放されます。
ライブ CD や組み込み OS ? などの場合は、 initrd がそのまま実際のルートファイルシステムになるそうです。

詳しいことはこちら:
IBM - Linux 初期 RAM ディスク (initrd) の概要
http://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-initrd/index.html
↑ initrd は自分で作ることもできるようです。


initrd 、こんな風に書きます(というか Ecolinux では自動的に設定されますが):

title    Ecolinux 1.8 kernel 2.6.22-14-generic
root    (hd0,1)
kernel   /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root= ... (中略)
initrd   /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic  



DSL の HDD インストール時にこのオプションに悩まされました。

DSL の場合、ライブ CD 起動の際は、
initrd /boot/minirt24.gz
のように初期 RAM ディスクイメージを指定する必要がありますが、 HDD インストールしてしまうと、 /boot/minirt24.gz が存在しないようですし、必要なさそうなので initrd の一行を削除またはコメントアウトします。
( initrd を指定するとエラーになり DSL が起動できません。私の知識不足かもしれませんが)


default オプション


Grub の先頭に書かれる「 default 0 」は、上から1番目の OS (エントリ)を Grub 起動時のデフォルトに設定するオプションです。

一番最初のエントリが 0 、2番目のエントリは 1 、3番目なら 2 となります。

次の例では、2番目のエントリである Windows98SE がデフォルトになります:

default 1  <-- 2番目のエントリをデフォルトに

(中略)

title Ubuntu 8.04  <-- 1番目のエントリ
root (hd0,1)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=...(省略)
initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic

title Windows98SE  <-- 2番目のエントリ。デフォルトになる
root (hd0,0)
makeactive
chainloader +1
savedefault





※↓以下かなりいいかげんなメモです。めんどくさくて試してませんし。

また、「 default saved 」 のように指定すると、最後に起動した OS を次回 Grub 起動時のデフォルトにします。

これは「 savedefault 」オプションのある OS に対してのみ有効となります。

こんな感じで書きます:

default saved

(中略)

title Windows98SE
root (hd0,0)
makeactive
chainloader +1
savedefault



参考リンク


KNOPPIX 実験室
http://www.h2.dion.ne.jp/~miyawaki/knoppix/bootopt.html
スポンサーサイト
2008-05-25 Sun | 未分類 | トラックバック:0 | コメント:2
□ コメント
おつかれさまです。grubの設定はよく分からないものが多かったので助かりました。
で、fluxboxでxfceみたいに影つけれるみたいなので紹介。ブログにも一応書きましたが・・・

1,$ sudo apt-get install xcompmgr
2,startupファイルに
xcompmgr &
を追加。

これだけです。フェード効果もコマンドいじればつけれますよ。
2008-06-01 日 14:13:06 | URL | taka #9WavW0.I [ 編集]
takaさんありがとです☆
fluxbox に影欲しかったんですよ~^-^
compize? とかだと重いし。
ちょっと今忙しいんで、時間ある時にやってみます☆
ところで、takaさんのブログのURLって教えていただけます?
2008-06-03 火 00:04:37 | URL | kobuchicken #- [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月 « 2016/12 » 01月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。