スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
[Ubuntu & Ecolinux] xvidtune で画面のズレを修正
Ecolinux とか Ubuntu とかで 画面のずれを修正する方法。
こうして書くまでもないことかもしれませんが。

xvidtune を使います。

X 端末で xvidtune を起動:

$ xvidtune



『 WARNING WARNING WARNING .... 』 という画面が出ますが、「設定いじると画面が表示できなくなるかもよ!」みたいな注意を喚起してるだけなので、 OK をクリック。

xvidtune の画面はこんな感じです。

xvidtune


左側が水平方向の調整。
右側が垂直方向の調整。

今回は水平方向の調整なので、操作するのは左側です。

赤丸を付けた Left ボタンを2回ほどクリックし、Apply ボタンをクリックすると、画面が 10px ぐらい左へズレました。

いろいろ調整してぴったしズレが直ったところで、 Show ボタンをクリック。

すると起動元の X 端末にずれを直すための設定値がこんな感じで表示されます。

Vendor: , Model:
Num hsync: 1, Num vsync: 1
hsync range 0: 24.00 - 61.00
vsync range 0: 55.00 - 76.00
"1024x768"  65.00  1024 1064 1200 1344  768 771 777 806  -hsync -vsync



表示されたのを確認したら、 Quit ボタンで xvidtune を終了。

xorg.conf に設定値を追加


xorg の設定ファイルは、 /etc/X11/xorg.conf です。

xorg.conf を root 権限で開く:

$ sudo mousepad /etc/X11/xorg.conf



Section "Monitor" を探し、 End Section の前に次のように3行追加。

Section "Monitor"
    Identifier "L367"
    Option "DPMS"
    HorizSync 24.00 - 61.00
    VertRefresh 55.00 - 76.00
    Modeline "1024x768"  65.00  1024 1064 1200 1344  768 771 777 806  -hsync -vsync

EndSection


(こんな感じで先ほど xvidtune で表示された値を書きます。)

上書き保存して mousepad を終了。


これで完了。

X Window を再起動しても、設定が反映されているはずです。

参考リンク


die.net - linux man page - xvidtune (英語マニュアル)
http://linux.die.net/man/1/xvidtune

Linux の部屋 - Xorg / XF86 の Modelineパラメータの求め方
http://assam.iic.hokudai.ac.jp/~josch/workshop/linux/lin-inst/modeline.htm

実は上記のやり方では直ってなかった・・・


後で気づいたのですが、ここに書いたやり方では、修正が反映されていませんでした。

読んで試した方、すみません。

で、ちゃんとしたずれの直し方(ビデオカードが nVIDIA 製の場合)をここに書いておきましたので、ご参照ください。

[Ubuntu/Ecolinux] 画面のずれをなおす
スポンサーサイト
2008-05-25 Sun | OS | トラックバック:0 | コメント:0
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月 « 2016/12 » 01月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。