スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
自然の中で暮らしたい。
最近話題になってる、中国から輸入された食品の問題。

結論はまだはっきりしていませんが、中国側で毒物が混入された可能性が高いとのことです。


でもこれって・・・・自分の国の農業を捨ててより安価な海外の食物に頼ってしまった結果かなって。


「コラコラ、あなたたちにはこんなに豊かな土地を与えたのだから、自分たちの食べる分位は自分たちで作り、いい加減大地と共に自然と共に生きる生活を取り戻しなさーい」


って地球さんが言っているような気がします。

海外から帰ってくると特に感じるのですが・・・・・都内の駅のホームで見かける人たちの表情は疲れとストレスのためか固くこわばり、人間らしい柔和な顔つきの人、幸せそうな人って数えるほどしかいない。(みんながんばってるってことなんだけどね^^;)

どうなってるんだー日本。

おかしいぞー。

やばいぞー。


それと比べて、自然の中で暮らしている人たちの何と幸せそうなことか。


でも時折テレビで流れる地方の山村からは「過疎」という言葉が聞こえ、耕されなくなった農地が映し出されます。

あぁなんてもったいない!そんな農地があったら耕したい!

っていつも思うのですが未だ実行には移せず。。。


はやく、自然と共に歩む豊かな自給自足の生活をしてみたいな~。


手始めに、友人がしばらく滞在していたく気に入っていたここへ行ってみようかな。

木の花農園

富士山の麓、富士宮市にある、自給自足のコミュニティというか大家族。

無化学肥料・無農薬で作られる200種類以上の野菜や11種類の米に始まり、自然卵、山羊のミルク、そして納豆、醤油なんかも自分たちで役割分担して作ってる。

たしか塩以外は自給自足してるとか。

テレビでも何度か取材されているらしいです。


ホームページから勝手に抜粋(もし問題があったら教えてください):

生活の糧を得るための事業や生活そのものがたくさんの廃棄物を産み、地球を汚してしまうことに心を痛めた私たちは、そうした矛盾のない生活を目指し、 1994年、長年の憧れの地であった富士山のふもとに移り住みました。「木の花農園」は名前を富士山の主神である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様から いただき、同じ志 をもつ仲間たちが血縁を超えて助け合いながら暮らしていく共同体として、静岡県富士宮市にその産声をあげました。
何ひとつ土台のないところから自給自足を目指した農業を営みはじめ、現在では11種の米や200種を超える野菜や穀物を栽培しています。それらすべての 作物を、私たちは農薬や化学肥料を一切使わない自然農法で大切に育てています。そのほかにも自然卵や山羊のミルク、はちみつ、伝統的な手法で糀から作る味 噌やしょうゆ、そしてさまざまな加工食品にいたるまで、日々の食卓にのぼるほとんどの食材を自給し、希望する方にお分けしています。



そしてこれは有名なスコットランド北部のコミュニティ、フィンドホーン:
Google検索 - フィンドホーン


私はとりあえずできることとして、マイ箸持参、レジ袋は極力お断りしています。


永続可能な社会を、みんなが笑顔で心から幸せに暮らせる世界を創ろうじゃまいか

さぁ今ここからが始まりだ
スポンサーサイト
2008-02-11 Mon | 未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月 « 2016/12 » 01月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。