FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- -- | スポンサー広告 | トラックバック - | コメント -
Premier で動画編集 → DVD Flick でオーサリング
まず、変換元・変換先ファイルのある対象フォルダには、日本語フォルダ名を付けないように注意。DVD Flick で拒否されます。


■ Premier の設定

(設定のキモ)
 ・ 16:9の比率にする

(シーケンス作成)
 * この時点で16:9にする場合のコツがあったけど忘れた → あとで調べる

(ファイル -> 書き出し -> メディア)
* ソース範囲: ワークエリア / シーケンス全体 (どっちかにする。場合によるけど。)

▽ 書き出し設定
* 形式: MPEG2-DVD
* 出力名: 適宜設定
* ビデオを書き出し: Yes
* オーディオを書き出し: Yes
-> マルチプレクサー タブ
* マルチプレックス: なし
-> ビデオ タブ
* 品質: 3.8 (適宜)
* テレビ方式: NTSC
* フレームレート(fps): 29.97 / 23.976 / 自動 (ソースと同じが良さそう)
* ピクセル縦横比: ワイドスクリーン 16:9 (標準 4:3 だと出力ファイルの幅が狭くなる。Flickで修正可能だけど、たぶん 16:9にしといた方が良いはず。)
-> オーディオ タブ
* オーディオ形式: Dolby Digital (海外でも日本でも通用する規格. MPEGは日本で再生できない可能性あり.PCMはサイズがデカすぎるのでNG)
* ビットレート(kbps): 192 (でいいのでは)

* フレーム合成を使用: No (23.976と29.97など異なるビットレートが混在するならYesに)


■ DVD Flick の設定

(設定のキモ)
 ・ m2v(動画ファイル)とac3(音声ファイル)をエンコード無しでそのまま焼いてくれる設定に
   (↑画質劣化や再エンコードの時間がもったいないのと、再エンコードされるとサイズが肥大化するので)
 ・ もちろん 16:9 の比率で。
 ・ 今回は訳あってメニューは一切無しに。
 ・ 4.7GB DVD-R に入る容量で (DLだと当方のドライブで書込みエラーが頻発するため)

(Project settings)
-> General
・Target size: 4.7GB
-> Video
・Target format: NTSC
・Target bitrate: Auto-fit

-> Advanced
・Copy MPEG-2 streams: Yes
-> Audio
・ Bitrate: Auto
-> Playback
・ After a title has finished playing: Play the next title / Return to menu
・ Loop to first title when done playing last: No
-> Burning
・ Create ISO image: Yes (ImgBurnがあれば)
・ Disc label: 適宜設定

タイトル(動画ファイル)を放り込んで、右側の Edit title。
(Properties of title)
-> General
* Target aspect ratio: Widescreen (16:9)
-> Chapters
* Create cahpters every: 15 minutes (なぜかこの通りにはならない)
-> Video sources
* Pixcel aspect ratio: 16:9 (重要)
-> Audio tracks
(ここへ ac3 の音声ファイルを放り込む)
* Track language: Japanese(JA) (一応)
-> Subtitle tracks
(字幕ファイル?はここへ放り込むらしい)

スポンサーサイト
2018-02-21 Wed | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
Kinza から Vivaldi へ。ID&パスワードをインポートする方法
ブラウザは Sleipnir → Firefox → Kinza と使って来たんですが、

Kinza は mp4 動画を再生できない、という仕様がかなり不便でした。

なので Vivaldi へ乗り換えようと思いましたが、困ったのが保存されているパスワード。

Chrome派生ですが結構カスタマイズされているためか、下記のように Chrome の設定 chrome://flags で 「パスワードのインポートとエクスポート」 を 有効にしてエクスポートする方法、が使えません。
http://bashalog.c-brains.jp/16/10/06-122524.php

設定が英語表記なのと、それらしき値を Enabled にしてもエクスポートボタンが表示されないんです。


そこでこのフリーソフトの出番。

ChromePasswordDecryptor
https://www.gigafree.net/security/password/chromepassworddecryptor.html

「Google Chrome」 に保存されているID / パスワード を、一覧表示してくれるソフト。 だそうです。

Chrome のユーザーデータフォルダを指定する必要がありますが、Kinza はどこだ??

探してみると、Kinza のユーザーデータはここにありました。

C:\Users\★★★\AppData\Local\Kinza\User Data\Default
※ ★★★ は Windows のユーザー名

最後の Default の部分は使用状況によっては変わるかもしれません。

そのフォルダをD&Dで指定してあげると、みごとに Kinza のパスワード一覧を表示してくれました。

あとは、適当な形式で保存。

でも Vivaldi 側で、この Cookie をインポートすれば!



…と思いましたが、Vivaldi には Cookie をインポートする機能がありません。

どうしたものか・・・


Google検索してると、Chrome は Login Data なるファイルがログインIDとパスワードを保存している、とありました。

Kinza も Vivaldi も Chrome ベース。なら、この Login Data ファイルをコピペすればOKかも!と閃く。

それぞれここにあります。

Kinza 側 Login Data ファイル
C:\Users\★★★\AppData\Local\Kinza\User Data\Default\Login Data

Vivaldi 側 Login Data ファイル
C:\Users\★★★\AppData\Local\Vivaldi\User Data\Default\Login Data
※ ★★★ は Windows のユーザー名

まず Vivaldi を終了しておきます。

Vivaldi 側にあった元々の Login Data ファイルを Login Data Original とかに変更して保管しておく。念のため。

Kinza の Login Data を、Vivaldi 側へコピーして、さぁ Vivaldi を起動すると・・・

OK!みごとにログインID&パスワードが復元されています!

以上、Kinza から Vivaldi へのログインパスワードの移行方法でした☆

ちなみに、Vivaldi から Chrome 系以外のブラウザへ乗り換える場合は、やってないのでどうやるのかわかりません。

Vivaldi だと、先のフリーソフトでは 「これは Chrome のユーザーフォルダじゃありません」 と弾かれてしまいますし。

もし Vivaldi が気に入らなくなった場合にはどうしようかね。

2018-02-20 Tue | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
01月 « 2018/02 » 03月
ブログ内を検索
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。