容量の大きい旧HDD(LinuxLite入り) を、容量の小さい新SSDへクローニングする方法

Aser Aspire One 722 に LinuxLite を入れたものの、動作がもたついて遅かったため、
320GB HDD から 128GB SSD へ換装を試みました。(2.5インチ)

容量が大きいものから容量が小さいものへのクローンはちょっと手間が掛かるようです。


用意したもの
・SATA用 外付けHDDケース
・128GB SSD
・Ubuntu Live USB メモリ

今回は Ubuntu ではなく LinuxLite の Live USB メモリを使いました。


参考にしたサイトはこちら。

容量の少ないSSDへのクローン
https://qiita.com/elm200/items/44108983f4eee85dcb15


ありがちな状況だが、たとえば、HDD は500GBだが、SSD は240GBしかない、みたいな状況で、HDD → SSD へ内容をまるごとコピーしたい場合。

次の手順で行う。

HDD のパーティション構成を整理して、コピー先の SSD の容量(例:240GB)以内で収まるようにする。
sudo dd if=/dev/sda of=/dev/sdc bs=16M (HDD が /dev/sda, SSD が /dev/sdc にあると仮定。最後は /dev/sdc の容量不足エラーで終わるが気にしない)
SSD に対して、testdisk コマンドを使って、パーティションテーブルを修復
dd するだけだと、パーティションテーブルが正しくないため、GParted でパーティションテーブルが認識されない。

実際にこれでうまく行ったときは、本当に感動した。
しかし、当たり前の話だが、セクタ単位で物理的にコピーを取ると、本当にディスクのクローンって作れてしまうのね…。


手順がシンプルですね。一番わかりやすかったです。

標準の dd コマンドでもクローニングできるそうですが、不良セクタがあると終了してしまうそう。
なので、不良セクタがあってもクローニング可能だという ddrescue でやります。


こちらも見ておくと良いです。※小容量→大容量のクローンですが

【Ubuntu】【自分用メモ】 SSDの移行手順について。
https://kometchtech.blog.fc2.com/blog-entry-940.html



まずは、LinuxLite の Live USB を用意。

それを挿してノートPCを USB メモリから起動。


▼ 旧HDDのパーティション構成を新SSDより小さくする

これ重要です。

Gparted (スタートメニューの System → Partitionなんちゃら) を起動して、古いHDDの各パーティションの容量を目一杯小さくします。

/ 28GB
/user 280GB
swap 9GB

て構成だったんですが、

まず swap をオフ。

/ ルート も /user も、右端のとこをつまんで一番左のいけるとこまで持っていきます。
小さくするとスキマが開くんで、 /user をこれまた目一杯左へ移動。

(swap はパーティション消せばよかったのに消し忘れた。 swap のパーティションの開始位置はそのままだったから、たぶんこの後の ddrescue でクローンされずに潰れてます)

新SSD 128GB に対して、小さくした旧HDDの容量が30GBくらいになったような。余裕でクローンできますな。

Apply (適用) して完了。Gparted を閉じます。

▼ 新SSDにパーティション情報を書き込む

一旦初期パーティションテーブル情報を書き込みます。

sudo cfdisk -z /dev/sdb

何やら GUI が起動した気もしますが適当に進めました。
EFI GPT を選んだような。


▼ ddrescue インストール

インストール済みUbuntuのクローンを新しいハードディスクに作成する (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0811/20/news019.html

↑を参考にしてリポジトリの設定をいじってから、 ddrescue をインストール。

ただし LinuxLite の場合は、Synaptic を起動してそのメニューからソフトウェアソースを表示しました。(だってスタートメニューに無いんだもの)

そして、[コミュニティーによるメンテナンスされるオープンソースソフトウェア(universe)] にチェックを入れます。(ていうか最初からチェック入ってた^^;)

コマンドラインから

sudo apt-get install ddrescue

でインストール完了。


▼ ddrescue でクローニング

fdisk -l で新SSD(ターゲット)、旧HDD(ソース) のデバイスなんちゃらを確認。

新SSD … /dev/sdb
旧HDD … /dev/sdc

でした。

コマンドラインで

sudo ddrescue -v -f /dev/sdc /dev/sdb

で容量不足のエラーを無視して強制的にクローニング。

しばらく待つ。

完了すると、やっぱり容量不足みたいなエラーが出てるけどスルーしてOK。



▼ testdisk インストール

このままだとパーティション情報が壊れていて起動できないそうなので、 testdisk で修復します。

まずはコマンドラインでインストール。

sudo apt-get install testdisk



▼ testdisk でパーティション情報?を修復

sudo testdisk

何やら端末上で英語のアプリが起動します。

testdisk の使い方についてはこちら。

パーティション情報を削除してしまったHDDの復旧を Ubuntu 上の TestDisk を用いて復旧する。
http://d.hatena.ne.jp/kusoboze/20100727/1280252069

ちなみに今回の新SSDのパーティションタイプ?は EFI GPT になってました。
LinuxLiteインストール時にそれ選んだ記憶があります。

わからないながらも上記を参考にしながらなんとなく進めていき、新SDDの /dev/sdb を選び、チェックをスタートする。

1時間以上掛かってチェックが終了。

んーなんかエラーっぽい表示。

よくわからんけどパーティション情報を Write して、testdisk を終了。

LinuxLite を再起動してみる。

Gparted を起動して新SSDのパーティションを調べる。
一応認識されているようです。

小さく左に寄せられてるので、目一杯までパーティションを広げておく。

途中で1回 Gparted が落ちた。こえぇ。

再度トライして書き込み成功。


▼ HDD → SSD 換装

ここでお腹を開けて換装。

うまく起動するかなぁ。


▼ やったー!

起動しました!!!

クローニング成功!

嬉しいですねぇ☆

動作は、サクサクとまではいかないまでも、キビキビ動くようになりました☆



スポンサーサイト
2018-06-01 Fri | LinuxLite | トラックバック:0 | コメント:0
Edge をはじめとする Windows10 のアプリ上で Google 日本語入力を使えるようにする

Windows10でGoogle日本語入力が使えない時使えるようにする方法
http://izu.wpblog.jp/post-3810/

ありがたい。

その手順を貼り付けとくと・・・

以下のフォルダを開く
 C:\Program Files (x86)\Google(64ビットの場合)
 C:\Program Files\Google(32ビットの場合)

その中にある Google Japanese Input フォルダを右クリック、プロパティをクリック

セキュリティータブ → 編集をクリック

追加をクリック

「選択するプロジェクト名を入力してください」 の欄に 「ALL APPLICATION PACKAGES」 を入力

OK → OK → OK

※ 再起動等は不要



以上で Edge やコルタナや Microsoft Store から入れたアプリ上で GoogleIME が使えるようになっているはず。


2018-06-01 Fri | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
LinuxLite で Skype がマイク拾ってくれない
LinuxLite で Skype を使用したものの自分のマイクが拾ってくれない。

http://www.maidsphere.jp/archive/Linuxで音が出ないときに確認するポイント

上のを参考にして端末で色々ポンポン。

alsamixer で F6 キー押してデバイス切り替えると、Micの音量表示を見つけた。
それを100%にして、muteも解除。

Skypeでマイクが使えるようになりました。

2018-05-24 Thu | LinuxLite | トラックバック:0 | コメント:0
iPhone5s リンゴループからの復活!! (DIYでカメラのホコリ掃除して死にかけた例)

iPhone5s のカメラのホコリを掃除しようと思い立って、

既に別件で入手済みのキットの道具で開けてみた。

ホコリを掃除して、フタをしめて、さぁ起動!

と思ったらリンゴループから抜け出せなくなってしまいました。がーん。


Windows上のiTunesですが、DFUモードでの復元すら、何度やっても エラー(9) を吐いて弾かれてしまいます。

LightningのUSBケーブルを変えてもダメでした。(非純正ですが。)

無料をうたってるiPhone復元ソフト?は、どれもこれも「ここから先は有料です。購入してください」ってなるので、使えません。
お金払っても確実に直る補償はないし。そもそもこのソフトもiTunesの機能を借りてるだけのような気がするし。

iOS は最新版の 11.2.6 へアップデート済み。

アップデート後は一度普通に起動してるので、おそらく開けたことが原因。

思い当たったのは、


 ・開けた時に電池パックのケーブルを抜かなかった。で、他のコネクタを外した時におかしな電流が流れてショートした?

手順動画を探すのが面倒で、記憶を頼りに分解してしまったんです。


 ・コネクタを外したりカメラを掃除した時に、基板上の何かに触れてしまったかも。それでショートした?

基盤の細かいハンダ部分を絶対触ってないとは言えないんで。


 ・息を吹きかけてのホコリ掃除をした。つばや水蒸気でショートした?

・・・こういうのはかなり危ないのでやめましょう。


そういえば、右上あたりのコネクタ3つのうち1つが接続が甘かった気がしたので、再度中を開けてみて、きっちり繋ぎ直して、フタを閉じて・・・

それでもリンゴループ直らず。


結局、街のiPhone修理屋へ持っていくことに。

まじめそうな店員さんに相談。

素人がカメラのホコリ掃除を自分でやろうとしたことには、このお兄さんすこし失笑気味でした(^_^;)

電池パックのケーブルを抜かなかったことについては、「それは可能性としては原因になり得ますねぇ~」

調べるのに分解するだけで 3000円
。基盤整備して治ったら 計4800円。 各部品を正常動作するものと挿し替えながらどの部品が壊れてるかチェックするそうで、部品交換が発生したらさらに高い別の金額になる。

そういう説明を受けて 「翌日来てください。」 と言われて帰宅。

分解するだけで3000円って思う人もいるかもしれないが、やった本人としては分解するだけで手間掛かるんで普通に納得。



翌日行ってみると、別の女性店員さんが対応してくれました。

結果としては、基盤整備で直ったそうで、4800円+消費税で済みました。

リンゴループの原因は、きちんと差し込まれていなかったカメラのコネクタだったそうです(^_^;)

そっかー、差し込んだつもりだったけど、甘かったかー。

(DIY派のみなさん、iPhone内部の端子はハマッたと思ってもハマッて無いことがありますので、気をつけましょー)


いやー、さすがプロ。 金額やお店の混み具合からして、作業にはたぶん30分と掛かってないでしょう。

素人が何時間も格闘して直らなかったものを、速攻で確実に直してくれたことに感激して帰路につきました。


やっぱその道のプロってすげぇ。



2018-03-03 Sat | iPhone/iPad | トラックバック:0 | コメント:0
Premier で動画編集 → DVD Flick でオーサリング
まず、変換元・変換先ファイルのある対象フォルダには、日本語フォルダ名を付けないように注意。DVD Flick で拒否されます。


■ Premier の設定

(設定のキモ)
 ・ 16:9の比率にする

(シーケンス作成)
 * この時点で16:9にする場合のコツがあったけど忘れた → あとで調べる

(ファイル -> 書き出し -> メディア)
* ソース範囲: ワークエリア / シーケンス全体 (どっちかにする。場合によるけど。)

▽ 書き出し設定
* 形式: MPEG2-DVD
* 出力名: 適宜設定
* ビデオを書き出し: Yes
* オーディオを書き出し: Yes
-> マルチプレクサー タブ
* マルチプレックス: なし
-> ビデオ タブ
* 品質: 3.8 (適宜)
* テレビ方式: NTSC
* フレームレート(fps): 29.97 / 23.976 / 自動 (ソースと同じが良さそう)
* ピクセル縦横比: ワイドスクリーン 16:9 (標準 4:3 だと出力ファイルの幅が狭くなる。Flickで修正可能だけど、たぶん 16:9にしといた方が良いはず。)
-> オーディオ タブ
* オーディオ形式: Dolby Digital (海外でも日本でも通用する規格. MPEGは日本で再生できない可能性あり.PCMはサイズがデカすぎるのでNG)
* ビットレート(kbps): 192 (でいいのでは)

* フレーム合成を使用: No (23.976と29.97など異なるビットレートが混在するならYesに)


■ DVD Flick の設定

(設定のキモ)
 ・ m2v(動画ファイル)とac3(音声ファイル)をエンコード無しでそのまま焼いてくれる設定に
   (↑画質劣化や再エンコードの時間がもったいないのと、再エンコードされるとサイズが肥大化するので)
 ・ もちろん 16:9 の比率で。
 ・ 今回は訳あってメニューは一切無しに。
 ・ 4.7GB DVD-R に入る容量で (DLだと当方のドライブで書込みエラーが頻発するため)

(Project settings)
-> General
・Target size: 4.7GB
-> Video
・Target format: NTSC
・Target bitrate: Auto-fit

-> Advanced
・Copy MPEG-2 streams: Yes
-> Audio
・ Bitrate: Auto
-> Playback
・ After a title has finished playing: Play the next title / Return to menu
・ Loop to first title when done playing last: No
-> Burning
・ Create ISO image: Yes (ImgBurnがあれば)
・ Disc label: 適宜設定

タイトル(動画ファイル)を放り込んで、右側の Edit title。
(Properties of title)
-> General
* Target aspect ratio: Widescreen (16:9)
-> Chapters
* Create cahpters every: 15 minutes (なぜかこの通りにはならない)
-> Video sources
* Pixcel aspect ratio: 16:9 (重要)
-> Audio tracks
(ここへ ac3 の音声ファイルを放り込む)
* Track language: Japanese(JA) (一応)
-> Subtitle tracks
(字幕ファイル?はここへ放り込むらしい)

2018-02-21 Wed | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
Kinza から Vivaldi へ。ID&パスワードをインポートする方法
ブラウザは Sleipnir → Firefox → Kinza と使って来たんですが、

Kinza は mp4 動画を再生できない、という仕様がかなり不便でした。

なので Vivaldi へ乗り換えようと思いましたが、困ったのが保存されているパスワード。

Chrome派生ですが結構カスタマイズされているためか、下記のように Chrome の設定 chrome://flags で 「パスワードのインポートとエクスポート」 を 有効にしてエクスポートする方法、が使えません。
http://bashalog.c-brains.jp/16/10/06-122524.php

設定が英語表記なのと、それらしき値を Enabled にしてもエクスポートボタンが表示されないんです。


そこでこのフリーソフトの出番。

ChromePasswordDecryptor
https://www.gigafree.net/security/password/chromepassworddecryptor.html

「Google Chrome」 に保存されているID / パスワード を、一覧表示してくれるソフト。 だそうです。

Chrome のユーザーデータフォルダを指定する必要がありますが、Kinza はどこだ??

探してみると、Kinza のユーザーデータはここにありました。

C:\Users\★★★\AppData\Local\Kinza\User Data\Default
※ ★★★ は Windows のユーザー名

最後の Default の部分は使用状況によっては変わるかもしれません。

そのフォルダをD&Dで指定してあげると、みごとに Kinza のパスワード一覧を表示してくれました。

あとは、適当な形式で保存。

でも Vivaldi 側で、この Cookie をインポートすれば!



…と思いましたが、Vivaldi には Cookie をインポートする機能がありません。

どうしたものか・・・


Google検索してると、Chrome は Login Data なるファイルがログインIDとパスワードを保存している、とありました。

Kinza も Vivaldi も Chrome ベース。なら、この Login Data ファイルをコピペすればOKかも!と閃く。

それぞれここにあります。

Kinza 側 Login Data ファイル
C:\Users\★★★\AppData\Local\Kinza\User Data\Default\Login Data

Vivaldi 側 Login Data ファイル
C:\Users\★★★\AppData\Local\Vivaldi\User Data\Default\Login Data
※ ★★★ は Windows のユーザー名

まず Vivaldi を終了しておきます。

Vivaldi 側にあった元々の Login Data ファイルを Login Data Original とかに変更して保管しておく。念のため。

Kinza の Login Data を、Vivaldi 側へコピーして、さぁ Vivaldi を起動すると・・・

OK!みごとにログインID&パスワードが復元されています!

以上、Kinza から Vivaldi へのログインパスワードの移行方法でした☆

ちなみに、Vivaldi から Chrome 系以外のブラウザへ乗り換える場合は、やってないのでどうやるのかわかりません。

Vivaldi だと、先のフリーソフトでは 「これは Chrome のユーザーフォルダじゃありません」 と弾かれてしまいますし。

もし Vivaldi が気に入らなくなった場合にはどうしようかね。

2018-02-20 Tue | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
外部SDカードにアクセスすると「問題が発生したためドキュメントを終了します」と出る問題の解決方法

こちらの情報に感謝。
http://ploop.blog12.fc2.com/blog-entry-599.html

ESエクスプローラーなどでアプリをSDカードを移そうとしても
許可を出す画面に行こうとSDカードを選択したら
「問題が発生したためドキュメントを終了します」
と出てそれ以上進めない。

価格コムに解決法を見つけました

手順1:マイクロsdをパソコンでNTFS 64Kアロケーションサイズにてフォーマット。
その際、名前を必ず付ける。F などのスペースを含まないアルファベット1文字で可。
手順2:ESファイルエクスプローラでsdcard1のルートディレクトリに新規フォルダを作りに行く。
手順3:英語でメッセージ出るので、そのまま進めて、sdcard1の中の先程のFを選択。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000703735/SortID=18225195/



2016-02-22 Mon | Android | トラックバック:0 | コメント:0
「Inkscape と Illustrator 併用でチラシ制作」 の手順。
メモ。

入稿はPDFでいけるかな?

↓以下、Inkscape上でのPDF保存設定(入稿用)。


「名前を付けて保存」で「pdf」選択、エフェクトをラスタライズ(300dpi)。

「フォントをパスに」はチェック無しでも特に問題無かった。


以上を、AcrobatReaderで表示確認。縦書きも表示OKだった。

ただし、Illustrator CS2で開くと、フォントはすべて「見つからない」となり「?」に文字化け、背景のグラデーション(3色)も表示不可。これってイラレのバージョン古いせい?



※ Inkscapeで保存したPDFやSVGをIllustratorCS2で開くと、縦書きの表示が乱れたり、エフェクトがかからなかったりする。互換性が・・・でも古いからしょうがないか・・・


Illustrator使いづらいったらありゃしない!

Inkscapeはフリーだし直感的に操作できるし親切だ。今後もしもCMYKに対応したら無敵なはず。

Gimpもだけど、CMYKになんで早く対応しないんだろうなァ?



追記
Inkscape と Illustrator 併用して、チラシをデザインして、トンボを付けて、CMYKカラーに変換、ai形式で保存してみる手順。入稿が目的。

小さな A5 サイズのチラシを作ることにする。



----------------------------------------------------------------

(1) まず Inkscape でデザインする。

ポイントは、
 ・ フィルとストロークのウィンドウにある「不透明度」は使用しない。
 ・ 3色以上のグラデーションは使用しない。

上記2点は、Illustrator CS2 では正しく表示されないため。他にも非互換なのあるかも。
(CS3以上の上位バージョンなら表示できるのかも)

SVG を Illustrator で開くと、不透明度を100以外にしたオブジェクトは消えてしまい、3色以上のグラデーションは「不正ななんちゃらです」と怒って描画してくれないんです。

※ 回避策もあり。例えば不透明度75%、3色グラデーションを使った部分を、Inkscapeから「ビットマップへエクスポート」しておいて、後でそいつを Illustrator 上で付け足す、てな感じにすればいい。

サイズは基本的には実際の印刷サイズにしておく。
間違えてもあとで自由に全体を縮小拡大できるから大丈夫。


(2) svg 形式で保存する

これが元データになるので、必ず SVG で保存しとく。


(3) PDF 形式で保存する

テキストは表示が乱れるので、必ず「パスへ変換」。
フィルタエフェクトもラスタライズ?しておく設定に。300dpi ぐらいかな。
それと範囲は「ページ全体」にしておく。


(4) その PDF ファイルを Illustrator で開く

各オブジェクトがちゃんと表示されてるか確認。


(5) いろいろ設定&調整

カラーモードを CMYK にする。色のチェック。

いったん書類設定で実際の印刷サイズ(A5)にする。

チラシ全体を適度に縮小・拡大する。四辺にも背景色がある場合は、 3mm ほどはみ出すようにする。

オブジェクト→トンボで、トンボを付ける。(トンボの設定はネットで調べた。印刷業者によって異なるかも)

ひとまわり大きなサイズ(A4)に変更する。

チラシ全体をトンボに合わせて微調整。


(6) ai 形式で保存

ai 形式で名前を付けて保存する。


----------------------------------------------------------------


これでどうだ?入稿できるんじゃないか?



2012-01-03 Tue | ソフトウェア | トラックバック:0 | コメント:3
mac osx panther 10.3.9 と Windows7 をルーター経由で繋いで共有する備忘録
mac osx panther 10.3.9 からファイルを救出した際の備忘録。

CD-Rも焼けない、USBメモリも壊れてるのかなという位転送遅くて使う気になれない、OS古すぎて大容量なファイルストレージ用のソフトも用意されてない、クロスケーブル買うのもお金もったいない、という状況下での話。


MacとWindowsを繋ごう (無線LANとかVPNとか)
http://bit.ly/quL14G

を参考にしました。



うちでやったやり方は…



まずは、ルーター経由で、2台ともローカルLANに繋いで、電源入れておく。

2台とも同じワークグループ名にしておく。例「WORKGROUP」


▼ Windows7 側

適当なフォルダを「共有フォルダ」にする。


▼ mac 側

Finder の「移動」→「サーバーに接続」で、

smb://Windows7のPC名/共有フォルダ名

と入力。

ユーザー名とパスワードが要求されたら、確か Windows7 でログイン中のユーザー名とパスワードを入れたと思う。

すると Finder に Windows 側の共有フォルダーが現れる。


あとは mac から救出したいファイルを、コピペで移動させるだけ。




PS
ただのファイルコピーなのに、なんでこんなに遅いのかなのかな?

ファイルによっては、1MB 送るのに20秒も掛かってる。

mac の HDD 不調が原因?それか、ファイルが断片化してるとか?NTFSへの書き込みだから?

速いファイルだと、数百MBがあっと言う間に転送されるのになぁ。

2011-10-04 Tue | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
WindowsXP は復活

Ubuntu の LiveCD を起動し、端末を開いて、どっかのサイトに従って古いレジストリバックアップを手動で1つ1つ復元した。

そしたら WindowsXP が起動、復活しました。

うれしいようでもあり、ざんねんなようでもあり。

Win環境が復活したのはよゐことだけど、やっと捨てられると思った WindowsXP とまた付き合うことになるからなぁ。



2011-05-16 Mon | Windows | トラックバック:0 | コメント:0
次のページ
Thank you for visiting me !
プロフィール

kobuchicken

  • 管理人: kobuchicken
  • Linux 初心者です。XP 無しで過ごした長い長い 98 の日々。Ubuntu & 派生ディストリの有難さを感じる今日この頃です。フリーの OS がもっと身近になりますように。
  • RSS
カレンダー
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05月 « 2018/06 » 07月
ブログ内を検索
Search this site.